田中将大投手(マー君)はオープン戦初登板で3三振の好投!


田中将大

ヤンキースの田中将大投手(マー君)はオープン戦に初登板。
2回を2安打無失点に抑え、3三振を奪った!!


流石、田中投手!!
(^_^)/

Sponsored Link

以下引用:

5回から3番手でマウンドに上がりました。
「マサヒロ・タナカ」の名前がコールされると
スタンドから大歓声。

登場曲「あとひとつ」が流れる中、投球練習。

 先頭打者ラフへの初球は149キロ直球で空振りストライク。
3球目を中前安打されたが、後続を左飛、左飛、空振り三振に仕留め無失点で切り抜けた。
最速は151キロをマークした。

6回は先頭打者をスプリットで空振り三振。続く打者に中前安打を許したが後続を三振、中飛に抑え無失点。

 最速は151キロ、投球数は32だった。

 【日刊スポーツより】


投球を終えた田中選手は、安堵の表情を浮かべていました。
マー君


以下引用:

●記者からの質問に対しての返答

-初登板の感想を聞かれ、

「ホっとしました。いい緊張感の中でしっかり投球ができました。

-今日の投球について

基本的には(捕手の)セルベリに任せました。
これから配球面が変わることもありますし、
サインに首を振って投げることもあるかと思います。
しっかりコミュニケーションを取っていきたいです。

-修正点は

制球面で少し。(フォームの)微調整を繰り返してやっていきたいです。
あとはもう少し球数を減らせるところがあったのでそのへんです。

-3三振を取ったが感想は

特にないです

-あこがれのメジャーリーグ、ヤンキースでプレーしたことは

あこがれて来たわけじゃないです。勝負しに来たんで。しっかり調整したいです。

-日本は朝5時半です。日本のファンにメッセージを

(笑顔で)おやすみなさい。

 【日刊スポーツより】

●本人のTwitterより

フィリーズ戦に登板してきました。
2イニング投げて無失点。

今年初めての実戦でしたが、違和感なく試合に入ることができました。
良い緊張感の中でまずまず良い投球だったと思います。
日本時間では明け方にも関わらず応援してくださった皆さん
ありがとうございました!


田中選手、オープン戦初登板、無失点おめでとうございます!!

親友のダルビッシュ選手も試合を観戦していたようで、
Twitterでマー君の初登板を喜んでいました☆


次回の登板も楽しみですね。
これからも応援していきましょう!!
(・∀・)

こちらの記事もオススメです


 ・田中将大選手(マー君)の血液型は何型?

Sponsored Link

コメントを残す

ネット通販クレジットカード

このページの先頭へ