浅田真央選手のエキシビジョンの曲名は?


浅田真央,エキシビジョン

ソチオリンピックが終わってしまいましたね。
今回は羽生結弦選手が金メダルを獲得し、
日本のフィギュアスケートの実力を
世界にアピールし、今後の活躍がとても楽しみです。

そして、惜しくも6位だった浅田真央選手ですが、
最後のフリーの演技は完璧でしたね。

演技が終わった後に涙を流す真央ちゃんの姿を見て、
私も思わず涙ぐんでしまいました。
(T_T)

ところで、浅田真央選手(真央ちゃん)がエキシビジョンで
使用した曲はご存じですか?
Sponsored Link

エキシビジョンで使用された曲は
「スマイル(smail)」という曲です。

この曲は1936年のチャールズ・チャップリンの
映画『モダン・タイムス』で使用されたインストゥメンタルのテーマ曲で、
チャップリンが作曲をしました。
そして、1954年にジョン・ターナーとジェフリー・パーソンズが歌詞とタイトルを加えられ、ナット・キング・コールによって歌われた。

この歌は多くの人に親しまれ、
マイケル・ジャクソンなど数多くの歌手がこの曲をカバーしています。

この曲の歌詞ではこんなことを言っています。

落ち込むこともあるけれど、
笑顔を忘れずにほほえんでごらん。
そうすれば、きっと明日には君のために
太陽は輝き出すよ。

と笑顔の大事さを教えてくれます。
また2番では、

悲しみにとらわれないで、
たとえ涙が今すぐにでもこぼれそうでも、
そんなときこそ、微笑みを絶やさないで。
泣いたってなんにもならない
もしも君がほほ笑んだなら
人生は生きる価値がまだあるってことがわかるだろう。

悲しみや苦しみとらわれることもあるかもしれないけど、
笑顔を忘れずにいれば、
きっといいことがあるよ、
と教えてくれます。

浅田真央選手は、
2011年12月に母親が48歳という若さで他界し、
とても苦しかった時期があります。

そんな時期を乗り越え、
フリーの演技で素晴らしい感動を与えてくれたのは、
この曲のお陰かもしれませんね。

※浅田真央選手が使用した曲は下記です。
IMA(イマ)「スマイル/この素晴しき世界」



そして、IMAから浅田選手へのメッセージがあります。


Sponsored Link

コメントを残す

ネット通販クレジットカード

このページの先頭へ