ノーベル賞 日本人 2018は本庶佑が受賞!その経歴を出身高校や結婚と息子は?


2018のノーベル賞の医学生理学賞に本庶佑(ほんじょ たすく)京大特別教授が受賞されました。

今回はそんなノーベル賞を受賞した本庶 佑(ほんじょ たすく)教授をご紹介します。
教授は免疫チェックポイント分子「PD-1」というタンパク質を発見したことが評価された。

これを元に治療効果が高いと話題の抗がん剤「オプジーボ」の開発につながりました。

Sponsored Link


本庶 佑氏プロフィール

氏名:本庶 佑(ほんじょ たすく)

生年月日:1942年1月27日生まれ(75歳)

出身地:京都府京都市

出身高校:山口県立宇部高等学校

出身大学:京都大学医学部進学過程

本庶佑氏は1960年に京都大学医学部医学科に入学

1962年には京都大学医学部医学科卒業しました。


受賞歴

これまでに本庶佑氏はさまざまな賞を受賞されています。

1978年 -日本生化学会奨励賞

1981年
野口英世記念医学賞(第25回)
朝日賞免疫遺伝学への貢献
免疫グロブリン遺伝子の研究

1984年
大阪科学賞
木原賞

1985年 – ベルツ賞

1988年 – 武田医学賞

1992年 – ベーリング北里賞

1993年 – 上原賞

1996年 – 恩賜賞・日本学士院賞

2012年 – ロベルト・コッホ賞

2014年 – 唐奨

2014年 – ウィリアム・コーリー賞

2016年
京都賞基礎科学部門
慶應医学賞
トムソン・ロイター引用栄誉賞

2017年
復旦-中植科学賞
ウォーレン・アルパート財団賞

医学の世界にもいろいろな賞があるんですね。

しかもノーベル賞に近いといわれている方も受賞されていて、
まさにノーベル賞候補の第一人者なんです。

オプジーボが完成に15年

特に肺がんの効果がある抗がん剤として有名な「オプジーボ」ですが

本庶佑氏がオプジーボの原型となる「PD―1」という分子を発見したのは1992年だそうです。

製薬会社である小野薬品も

この分子に目をつけ、共同研究を進めました。

PD―1が免疫抑制に関わっている仕組みが分かったのは99年で、

創薬の研究開発が本格的に始まるまでにおよそ7年。

実際の治療薬候補が完成し治験が始まったのは2006年で、

開発から実用化までにおよそ15年かかったことになります。

新薬の開発ってほんとに時間とお金が借るんですね、

オプジーボが高額なのもかかった手間と時間のためしょうがない部分もあるんでしょうね。

この薬の開発当時は「免疫療法は効果が弱い」だの「手術で切った方が早い」と言った風潮にあったそうです。

なので製薬会社も抗がん剤の新薬の開発には消極的だったそうです。

開発費用も考えるともし失敗したら会社をつぶしかねない状況ですもんね。

研究者である本庶佑氏も認められるまで大変だったと思われます。

妻や子供について


庶佑さんの妻についての詳細な情報を得ることはできませんでしたが

本庶佑さんは妻と京都市内で生活されているそうです。

お子さんについてもあまり情報はありませんが男女一人ずついるようです。

年齢的にもいればすでに独立されている年齢だと思います。

ひょっとしたら同じ医学の道にすすんでいるかもしれませんね。

というかもうきっとお孫さんもいらっしゃると思います。

ノーベル賞を受賞となればだいたいご家族ともども取材を受けることになり、

授賞式にはご夫婦そろっての参加となりますよね。

もともと世界的にも注目されていて

これまでにもたくさんお賞を受賞されているようですがノーベル賞となればまた別ですよね。

不思議なんですがノーベル賞を受賞された方の妻ってどなたも美人だし、清楚だし大舞台なのにけっこう落ちついているかたが多いですよね。

みおなさんもそう思いませんか?

きっとご主人の研究をとおして海外での生活体験もあってのあの落ち着きぶりなのかもしれませんね。

Sponsored Link

コメントを残す

このページの先頭へ