映画「進撃の巨人」監督が酷評炎上騒動した映画批評サイトとは?


進撃の巨人_映画_樋口真嗣
いよいよ8月1日に映画版「進撃の巨人」が公開されます。
そんな映画版「進撃の巨人」の監督の樋口真嗣さんを激怒させ、
酷評炎上騒動した映画批評サイトがあります。

その映画酷評サイトとは、どのサイトか?
そして、どんな批評をしてしまったのでしょうか?


Sponsored Link


映画版「進撃の巨人」の監督の樋口真嗣さんを批判した相手は誰?


今回、映画版「進撃の巨人」の監督の樋口真嗣さんを批判した
ある映画批評サイトとは映画ライター前田有一氏の『超映画批評』のことです。

『超映画批評』といえば、毒舌で有名な映画批評サイトです。

この『超映画批評』での「進撃の巨人」の点数は40点。


批評の内容を簡単にまとめると、

映像面では評価しているが、
原作のマンガと違う内容と脚本部分に難点があるとして、
点数が抑えれてしまっている。

後半もあるので、
次の展開に期待したい


という内容でした。



ちなみに過去に40点を付けた映画を挙げると

・『レッドクリフ Part I』40点(100点満点中)

・『蝉しぐれ』40点(100点満点中)

・『容疑者 室井慎次』40点(100点満点中)




結構、前田氏の個人的な好き嫌いが反映されるところなので、
この点数をどう判断するかは、
実際に劇場に行ってみないと判断は難しいところです。


Sponsored Link





この件についてネット上の声は?


この件についてネット上の声を集めてみました。


・いや別に正直で良いじゃないかw

・何でも実写化すればいいってもんじゃない。

・最近はこういのですぐ炎上とかなるけど、どうでもいい。

・大丈夫、炎上しようが見ないから(笑)

・40点もあるなら十分じゃないか

・CM見ても、映画が良さそうに見えない…

・炎上どうとかはどうでも良いけど、試写状って文句言わない人にしか送られないんですかね?


人気作品なので、ネットの声も沢山の方が発言をしていましたが、
やはり実写化について不安視する声が多数を占めていました。



まとめ


大人気のマンガ作品を実写化することに対する
賛否両論は多いですよね。

映画版の脚本については、
原作者の諫山創さんからの要請があり、
原作と大きく変更した点があることを
脚本を手伝った町山智浩さんが言っています。

そういったことを踏まえると、
マンガと映画は別の楽しみ方を期待した方が
いいのではないかと思います。

特にスクリーンで見る巨人の絶望感は
半端ないそうなので、
今からとても楽しみです。

※監督の樋口真嗣さんのオススメ予告動画

Sponsored Link

コメントを残す

ネット通販クレジットカード

このページの先頭へ