レオ様主演の男が一度は憧れる世界『ウルフ・オブ・ウォールストリート』 [映画]


move_01

レオナルド・ディカプリオ主演作の

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』を観てきました。


レオ様が主演のコメディ映画なのに18禁!?

・・・ということで、大人向けの内容が多めの映画になっています。
Sponsored Link


基本はお馬鹿な映画なので

私は一人で観に行ってゲラゲラ笑っていましたが、

カップルで来ていた人々は終始無言で可哀想でした。

(^_^;)


この映画を本当に楽しみたいなら、

一人で観に行った方がいいですね。

(もしくは同姓とがいいです。

 デート映画としては、オススメしません。)


あらすじ等については、町山智浩さんの

解説を聞いていただいた方が分かり易いと思います。



レオ様もインタビューで答えていましたが、

大人向けと豪華な映像を取るため、

費用集めに苦労されたと答えていました。

男が一度は想像するであろう

妄想を映像化したことについては

よくやってくれた!と思わずにはいられませんでした。


先程お馬鹿な映画とは書きましたが、

人の心理を巧みに描写していて、

3時間という長時間の映画にも関わらず

最後まで楽しめました。

男ならぜひ映画館で観ることをオススメします。
(・∀・)

Sponsored Link

コメントを残す

ネット通販クレジットカード

このページの先頭へ